記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

Zebralight H51 AAライトとのサイズ比較

左から順にFenix LD15、H51、Fenix MC10単三1本のライトとしては最小クラスのLD15と比べるとさすがに大きく感じますが同じL型ライトのMC10よりはかなりコンパクトです。MC10はヘッド部分が前後に角度調整できます。...

続きを読む

Zebralight H51の操作性と光色

Low-Medium-Highの3モード。軽いタッチの電子スイッチです。個人的には操作性は良いと思います。Offの状態から軽くクリックしてHighで点灯。0.6秒ほどの長押しでLowで点灯、そのまま押し続けるとMedium、Highと照度変化し、スイッチを離したモードで点灯。点灯状態からの長押しも同様で0.6秒のサイクルでLow-Medium-High-Lowと繰り返します。Low-Medium-Highの各モードはそれぞれ2種類(Highは3種類+ストロボ)の明るさがあり、2種...

続きを読む

Zebralight(ゼブラライト) H51購入、レビュー

Zebralightで購入したH51が本日到着しました。単三電池1本、LEDにXP-G R5を使用したコンパクトなL型(I型?)ライトです。見た目艶消しのグリーンがかった色(ゴールド?)で独特の質感です。造りはなかなか良いと思います。デザインはかっこいいとは言えないかもしれませんが、機能的で気に入りました。明るさメーカー公称値 200(OTF)ルーメン。エネループで点灯させてみましたが、同じXP-G、1AAのNitecore 新EZ AA、Fenix LD15...

続きを読む

TK35重量など

Fenix TK35と比較用のEagleTac M2XC4です。写真ではあまり変わらない印象ですが実際手にするとTK35の方が一回り以上コンパクトに感じます。重量は18650*2本込み。M2XC4は3灯モデルですのでM2C4等の1灯モデルよりはヘッドの分重くなります。...

続きを読む

TK35の明るさ

屋外で100mほど先を照らしてみましたがかなり明るいですね。概ね30m以上の距離ならスポットが広い分遠方照射が苦手なSuperstormよりも明るく感じることが多いです。当然のことながらM2XC4(XR-E*3灯)、M2C4(SSC P7)、MTE M3-2、Wolf-eyes T3(XP-G*3灯)といった500-700ルーメン程度(販売店の計測値等)までのライトより確実に明るいです。遠射能力が高く、それでいて適度な広さのあるスポット、外観の仕上がりの良さにかなり...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。